群馬県高崎市のヨガスタジオ
ADITYAから発信しています。
『天使と悪魔、2つのささやき』

 

内側に潜む

 

『天使と悪魔』

 

そのささやきは耳から?

 

左右に分かれ、両サイドから?

 

 

 

******

 

 

昨日は、『上弦の月』

ADITYAでは、遠隔Moonセッションの日。

 

 

セッションで受取るメッセージ。

 

文章に起こす時のMy必需品『おやつ』

 

思考と集中タイムの糖分補給は、マイルール♪

 

 

単に甘いもの好きかは、さておき。

 

 

メッセージ文章作成準備開始♪と、戸棚を開ける。

 

が・・・「ん?ない?!」

 

「おやつがない!」びっくり

 

「・・・」

 

「そうだ!スーパーにお買い物に行こう〜♪」走る

 

 

ーパーというのは店内全部を回りたくなるから面白い。

用もないのにぐるぐる回り、目に飛び込む赤い文字。

広告の品!期間限定販売!只今売出中〜!

実に魅力的♪と気付けば、買い物かごは重い!

 

 

勢いで回ったような買い物に、これはイカン!

とレジの前で立ち止まる。

 

 

一旦ちょっと待てよと冷静になり、思いつく。

 

リーディングチェック〜!☆

 

 

モノには、大概にしてエネルギーがある。

そうなれば、自分との相性もあるのが必然。

良いと思い、気に入って買ったはずが、使わなくなる。

買ったはいいけど・・・、の品の数々。

勝負服というのは、大体がポジティブだけど、

有益な結果に繋がらない場合は、もしかしたらネガティブかも。

それらをどんな状態の自分で選んだかも大事な要素。

と、この話は長くなるのでまた後で。

 

 

買い物かごの中身を前に、質問タイム!

 

Q.「今日のお買い物に不要なものはありますか?」

 

A. ある!!

 

きゃ〜やっぱり!これかぁとおやつを一つ戻す。

そして一つ、また一つと繰り返すこと4回。。。(≧▽≦)

 

欲望に負け、カゴに入れたおやつ達。

どんだけ、おやつを買う気だったのか?

自分の欲求加減に恐れを抱く(≧▽≦)

 

 

スーパーの中で、欲望クールダウンをするのは私ぐらいか?!

考えると照れる。(≧▽≦)

 

 

自分の欲やエゴに対し、冷静に客観視することは

非常〜に大事なのだとおやつから改めて学んだ?!

 

欲というのは、目の前のことに考えは浅く、思考回路は停止。

心には、後で思えば程度の何かしらのざわつきを覚えている。

 

罪悪感か?

 

この戻すという行為は、手放すに近いものがある。

本当に、今、自分に必要なものだけを手に入れる。

不要は手放し、必要だけを残す。

余計や余分なものは、隙間を埋める行為にしかならない。

 

ほんの少し、余力、余白、空間を持つ位が丁度いい。

 

部屋の片づけには、タンスの一段を空っぽにしておくのがコツなのだそう。

目に見える空間は内側に通じ、その表れでもあるらしい。

 

 

今回戻した見送り品は、もちろん今は必要のないものばかり。

今湧くエゴから欲しいと望んだだけ。

安い、甘い、後で必要になるかも、かける手間や時間・・・。

言い換えれば、全部がネガティブ反応。

 

 

ポジティブは、◎

ネガティブは、×

ポジティブであり、ネガティブでもあるは、△

 

 

何にポジティブで、何がネガティブなのか。

一番重要なのは、欲求に対する自分の反応。

 

 

自分にとってのポジティブを天使とすれば、

悪魔は、ネガティブ。

 

 

 

『悪魔は頭でささやき、

 

     天使は心でささやく』〜☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My Adityaのひとりごと comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.yogaaditya.com/trackback/461
<< NEW | TOP | OLD>>